地域ものづくりのネットワーク化とものづくり改善能力向上のサポートをしてまいります。

<藤本教授のコラム>         “ものづくり考”

<その3>4層の競争力

 日本のものづくりが世界でもてはやされたり、あるいはその競争力はすでに失われたなどといった議論がたびたびおこなわれてきました。そして今もまた、失われたものづくり力といった方向に傾きがちのようです。しかし、そうした議論には、日本の経済、企業、産業、そして現場のパフォーマンスについて、概念の混同が見られ、それゆえに議論も混乱しています。まずはこれらのパフォーマンスについて、きっちりと分けて考える必要があります。
 まず第一にマクロの「日本経済」で、たしかにここでは「失われた20年+α」で、GDPはほとんど伸びておらず、昨年も不調でした。ただし、日本の人口が減少局面にある現在では、マクロ成長を考えるうえで適切な指標となるのは、むしろ一人当たりGDPでしょう。
 次に、「企業」を評価するときには、利益率やキャッシュフローがその指標となりますが、これは本社の経営の巧拙に大きく左右されます。
 第三の「産業」は、「表の競争力」(価格、総合品質、納期など)に影響され、国際賃金差や為替レートなどのハンディキャップが介在する世界です。国際競争の世界では、比較優位原則によって伸びる産業があれば沈む産業もあり、栄枯盛衰は必然です。しかし、ひとつの国において全産業が一斉に空洞化するなどと説いたまともな経済学者は、過去200年にわたって皆無です。リカード以来の比較優位の原理をわきまえていれば、全産業空洞化などという発想は起こりえないのです。
 そして最後に「現場」ですが、これは「裏の競争力」で評価されるべきものであり、日本の優良な貿易財現場の裏の競争力を見れば、昔も今もきわめて強力です。
 つまり、この20数年に失われたのは、モジュラー型の製品やデジタル系の製品に多い比較劣位産業の「表の競争力」であり、貿易財の国内優良現場の「裏の競争力」ではありません。多くの議論の混乱は、これらの競争力概念の混同によって引き起こされていると言ってよいでしょう。これらは、簡単な原価式でも十分に確認可能な事実です。

copyright 2015 Fujimoto Tokyo Univ. 

一社)ものづくり改善ネットワーク  代表理事 藤本 隆宏
東京大学大学院教授/東京大学ものづくり経営研究センターセンター長

☆次回<その4>は、“日本のものづくりが置かれている現状・課題”についてお話しします。

=目 次= 

<その1> “「ものづくり」とは何か?
<その2> “日本の「ものづくり」の競争力
<その3> “4層の競争力
<その4> “日本のものづくりが置かれている現状・課題
<その5> “日本のビジネスモデル"
<その6> “ものづくり、これからの20年"
<その7> “ものづくりインストラクター"
<その8> “ものづくりに金融業界が果たす役割"
<その9> “中小企業とは?"
<その10> “中小中堅企業経営者は何を目指すべきか"

★2017年「続ものづくり考」開始しました。

<その11> “労働生産性と正味作業時間比率

          ページトップへ

SUB MENU

トピックス

研究休暇でフランス・リヨン大学で調査・研究中の藤本教授の一時帰国に合わせて、MKNセミナー「ICTとものづくりの将来」を4月3日に開催します。NEW

「ものづくりシニア塾」 第4期(2017年4月より開催)、受講生募集中です。NEW


 

リンク