地域ものづくりのネットワーク化とものづくり改善能力向上のサポートをしてまいります。

<藤本教授のコラム>         “続・ものづくり考”

<その12>「デジタルものづくりと“三層分析”」(1)

 IoT、AI、ディープラーニング、ビッグデータなど、ICTやデジタル化に関する言葉が巷間をにぎわす中、一部では、幾何級数的に進化するデジタルの世界で日本はすっかり後れをとっているとも言われます。グーグル、アマゾン、アップルといったICT界を席巻する一部の企業はほとんど米国勢であり、ここでは日本企業の出る幕はなさそうに見えます。
  しかし、社会・経済・産業のデジタル化は、そうした一部の米国企業が圧倒的する、電子と論理で動く重さのないICTの世界ばかりがすべてではありません。私たちは、結局は物理法則が働く重さのある世界、生身の人間が人生を送る世界に住んでいるのであり、そうした「重さのある世界」が持つ課題と、「重さのない世界」で大発展するICT層の潜在力をどうやって健全に結びつけていくかが21世紀的な課題だと考えます。
  アメリカはインターネット、スマートフォン、情報サービスといった「重さのない世界」を席巻しているため、使う言葉がどうしてもインターネット寄りに偏っています。そうした言葉を鵜呑みにすると、ここ数年と同様に過剰反応を繰り返して時間を浪費することになりかねません。
  たとえば「IoT」ですが、確かにセンサー等を介して生活空間や工場や乗り物から大量のデータを採取し、高速処理してそれら現場現物の操作に役立てるというのは、現代の産業現場の多くで再重要課題となってきていますが、それらはすべてがインターネットに直接つながるというわけではありません。「IoT(Internet of Things)」という言い方も、やはり米国的バイアスがかかった不正確な言葉に思えます。私はその本質はIfT(Information from Things)、つまり「現物から良い情報を取れ」だと考えています。トヨタやコマツなど日本の先進企業が進めているのもこのIfTではないでしょうか。
  また、やみくもにデータを取っても仕方がないのは言うまでもなく、ビッグデータも「大量の良いデータ」つまりBig and Good Dataでなければ意味がありません。またそのデータの利用も、多くは人の改善組織による活用、AIがそれを補助する自働化、自動化するがその進化に人が関わるなど、目的に合わせていろいろであり、全てが無人化・完全自動化ではないでしょう。
  要は、重さのある世界とない世界、情報空間(サイバー)と現物空間(フィジカル)、ICT層とFA層、これらをバランスよくつなぎ、全体最適と全体進化を図るのが、企業に求められるデジタルものづくりのあるべき形であり、どちらか一方に偏った思考は判断を誤らせると思います。
 以上を踏まえ、私は、ものづくりやサービスの世界の「デジタル化」を考える時、以下のような三層のアナロジーで考えるようにしています。すなわち、
@ 「上空」のICT(情報通信技術)層
A 「地上」のFA層(現場)
B 以上の@とAをつなぐ「低空」のICT-FAインターフェイス層

 次回は、これら三層の各々の層をみていきましょう。

IcTcopyright 2017 Fujimoto Tokyo Univ.  

一社)ものづくり改善ネットワーク  代表理事 藤本 隆宏
東京大学大学院教授/東京大学ものづくり経営研究センターセンター長

=目 次=

★2017年「続・ものづくり考」新連載開始しました。
<その11> “労働生産性と正味作業時間比率
<その12> “デジタルものづくりと三層分析(1)
<その13> “デジタルものづくりと三層分析(2)

“ものづくり考”

<その1> “「ものづくり」とは何か?
<その2> “日本の「ものづくり」の競争力
<その3> “4層の競争力
<その4> “日本のものづくりが置かれている現状・課題
<その5> “日本のビジネスモデル"
<その6> “ものづくり、これからの20年"
<その7> “ものづくりインストラクター"
<その8> “ものづくりに金融業界が果たす役割"
<その9> “中小企業とは?"
<その10> “中小中堅企業経営者は何を目指すべきか"

          ページトップへ

SUB MENU

トピックス

ものづくりシニア塾第4期」開講中です。NEW

地域ものづくりスクールのテキスト、ティーチングマニュアルとして、藤本隆宏監修「ものづくり改善入門」(中央経済社)を発刊しました。NEW


 

リンク