地域ものづくりのネットワーク化とものづくり改善能力向上のサポートをしてまいります。

<藤本教授のコラム>         “ものづくり考”

<その9>中小企業とは?

 中小企業はすべて大企業に搾取される弱体的な存在だから、すべからく国が支援しなければならない、といった伝統的な二重構造論が、中小企業論や中小企業政策に対して、いまだに影響を与えています。
 しかし、実際に地域を回ってみれば、たしかに政策金融や保護によってやっと生かされている企業もありながら、一方には儲かっているけれど儲かっているからこそそれを口に出さない中小中堅企業や、今は赤字だけれど現場力と潜在力を持った企業など、その実態は様々です。十把一絡げに論じるわけにはいきません。中小企業論の大家である中沢孝夫先生の「かわいそうな中小企業はいるが、中小企業はかわいそうではない」というお言葉はけだし名言であり、方々の現場を見て回っている私にも大いに腑に落ちます。
 また、中小中堅企業は大企業に劣るという考え方が一般的ですが、はたしてすべてにおいてそうなのでしょうか。たしかに規模の違いゆえ、資金力や発言力、あるいは人材採用力などの点ではそうでしょう。しかし、経営者による現場把握力では工場の2階に社長室があるといった中小企業のほうが、すべてとはいわないまでも平均すれば上と言えましょう。あるいは、その地域で利益と雇用を両立させようという意思では、地域の中小中堅企業や大企業の生産子会社のほうが、たとえば都心の大企業本社を上回ることが圧倒的に多いと思います。
 そこで、かねてより私は中小中堅企業に対する政策としては、「フロントランナー方式」を提唱しています。つまり、@各領域で先頭を走るフロントランナー企業がさらに走れるような支援や規制改革を行う産業政策と、Aそれについていけない劣後企業の生活者を支援する社会政策を峻別して、この二つを混同しない、という考え方です。産業政策はあくまで@を主体とすべきです。
  まず、地域の「強い現場」の潜在力を信じ、それをダイレクトにサポートする政策が必要です。規制改革や先端設備にお金をつけるといった従来の取り組みは間違いではありませんが、そればかりでは地域の産業力の底上げにはなりません。

copyright 2015 Fujimoto Tokyo Univ. 

一社)ものづくり改善ネットワーク  代表理事 藤本 隆宏
東京大学大学院教授/東京大学ものづくり経営研究センターセンター長

☆次回<その10>は、それでは“中小企業経営者は何を目指すべきか”をお話しします。

=目 次= 

<その1> “「ものづくり」とは何か?
<その2> “日本の「ものづくり」の競争力
<その3> “4層の競争力
<その4> “日本のものづくりが置かれている現状・課題
<その5> “日本のビジネスモデル"
<その6> “ものづくり、これからの20年"
<その7> “ものづくりインストラクター"
<その8> “ものづくりに金融業界が果たす役割"
<その9> “中小企業とは?"
<その10> “中小中堅企業経営者は何を目指すべきか"

★2017年「続ものづくり考」開始しました。

<その11> “労働生産性と正味作業時間比率

          ページトップへ

SUB MENU

トピックス

研究休暇でフランス・リヨン大学で調査・研究中の藤本教授の一時帰国に合わせて、MKNセミナー「ICTとものづくりの将来」を4月3日に開催します。NEW

「ものづくりシニア塾」 第4期(2017年4月より開催)、受講生募集中です。NEW


 

リンク